Study Abroad (SA)

 Study Abroad(スタディ・アブロード、SA)は、2020年度にマレーシア・プトラマレーシア大学 (Universiti Putra Malaysia: UPM)と提携し開設した、学部独自の留学制度です。

  • 1) Study Abroadの目的

 現地での語学研修や語学能力を磨くと同時に、世界トップクラスの授業に参加することを通じて、多文化共生を実感するとともに、世界に目を向け、世界トップクラスの研究への意欲を高めることを目的としています。

  • 2) Study Abroadの概要

 マレーシア・プトラマレーシア大学 (Universiti Putra Malaysia: UPM)およびUPM敷地内のELS(English Language School) Language Centres, UPM (ELS@UPM)において、3週間の語学スクールと1週間半の学部授業受講の3プログラム(夏休み中の4週間半を予定)を実施します。週末にはマレーシア文化体験として、マレーシアの政治的首都見学、世界遺産のマラッカ見学、マレーシアダンスや料理講習などのプログラムも用意されています。

派遣先・その他の情報

  • 1) 派遣先
  • マレーシア・プトラマレーシア大学 (Universiti Putra Malaysia: UPM)
    • 簡易概要1931年に農科大学として、そして1971年に総合大学として設立された大学です。前進が農業大学であるため、クアラルンプール南部郊外に広大な敷地をもっており、その広さはアジアでも指折りの広さです。農学部のほかにも、獣医学、医学、工学、教育学部などの教育研究を網羅する高等教育機関として、マレーシアのみならず、アジアの中心的な役割を担っています。2019年には、QS世界大学ランキングで、世界159位にランクインした、世界有数の大学です。
    • 設置学部:工学部、理学部、薬学部、経済経営学部、農学部、食物化学部、林業学部、獣医学部、教育学部、生態学部、現代語コミュニケーション学部、建築学部、コンピューター・情報学部、生物学部、環境学部、など
    • 学生数:約30000
    • 在籍留学生数:約5000
    • 場所;セランゴール州(クアラルンプールより南に車で30分程度)
  • UPM敷地内のELS(English Language School) Language Centres, UPM (ELS@UPM)
    • 簡易概要:ELSは、1959年にアメリカで設立された語学学校で、マレーシア法人は1990年に設立されました。世界中で、80か国以上の国から、12万人以上が学ぶ語学学校です。ELS@マレーシアは、マレーシア国内に、10個の学校をもっていますが、その中で、UPMの敷地内に立つのが、ELS@UPM(大学附属の語学学校)です。UPMELS@UPMは、様々な点で協働しています。
    • 簡易概要:様々な国から来ている人たちと同じクラスで学ぶことができます。最初にプレイスメントテストをうけレベル別に分かれ、授業は、リスニング・リーディング・スピーキング・ライティングがバランスよく学べるようにプログラムされています。
  • 2) 期間

 夏休み中の4週間半程度

  • 3) 対象

 1~4年次に在籍している法政大学情報科学部生の希望者

  • 4) 定員

 約8名(※学内選考あり)

  • 5) 手続・スケジュール

・手続
 手続きの詳細については、4月~5月に実施するガイダンス・説明会で案内します。

・スケジュール
 スケジュールについては、下記を予定しています。詳細は、掲示等のお知らせをご確認してください。

  • 4月~5月    :SAガイダンス・説明会
  • 6月~       :申込み/費用確定/支払手続
  • 8月~9月    :SAプログラム参加
  • 9月~10月  :SA報告会
  • 翌2月~3月:単位認定および成績発表
    ※こちらのスケジュールはあくまで予定です。変更になることがございます。
  • 6) 単位認定

 夏休み期間の4週間半程度を利用したプトラマレーシア大学での短期集中型フィールドワークを実施し、情報科学部主催の当該科目(Study Abroad)の履修登録をすることにより、2単位が卒業単位(「専門科目」群の「選択科目」)として認められます。履修の詳細については、情報科学部の履修ガイドをご確認ください。
 ※SAプログラムは夏休み期間中に実施するため春学期集中科目として扱われますが、成績評価は秋学期科目として年度末に単位認定されます。
 ※秋学期中にSAに関する報告会等を実施することから、秋学期に休退学等をした場合、単位認定はできません

  • 7) 費用および奨学金制度

・費用
 費用については、本学の学費とは別に33万円程度(※推定金額)の費用がかかります。
  ※費用については推定金額のため、実際の金額と異なる場合がございます。
  ※2020年度~2022年度については新型コロナウイルス感染症の影響により、SAプログラムが中止となっています。

・奨学金
 SA参加決定者の一部には、選考(※学業成績が優れている者)により返還不要のSA奨学金10万円が支給されます。

  • 8) 宿泊先など

 大学の構内から大学スクールバスで15分程度のところにある、大学寮として機能しているアパートに宿泊予定です。アパートの入り口あたりから、大学行きのスクールバスを利用して語学学校や大学に通学ができます。