社会人特別入試

社会人特別入試は、社会人を対象とした選抜方式です。入試は7月と2月に行われ、入学は4月です。2021年度からは、早期修了制度も導入され,条件を満たせば最短で1年で学位が取得可能になりました。
入試要項・日程等の入試情報の詳細や、本学大学院の概要等については、以下のウェブサイトをご確認ください。

大学院入試情報・入学案内はこちら

早期修了制度を利用するには入学前の事前審査が必要になります。以下のウェブサイトをご確認ください。

博士後期課程早期修了の事前審査

履修証明プログラム(情報科学・データサイエンス・AI履修証明プログラム)

履修証明プログラムとは、社会人等を積極的に受け入れることにより、多様な学修機会を提供し、大学の社会貢献を一層進めるために設けられた制度です。大学の学位(学士や修士等)に比べ、より短期間・より経済的に修得することが可能で、修了者には学校教育法に基づき履修証明書が発行されます。

情報科学研究科では、2022年9月より、情報科学技術の発展に資する情報科学・データサイエンス・AIに特化した履修証明プログラムを開講します。

出願期間が7月19日(火)まで延長になりました。

履修証明プログラムの詳細はこちら

本学卒業生を対象としたホームカミングデー内のイベントとして、情報科学研究科長 小池崇文教授による本履修証明プログラムの開講セレモニーが行われました。セレモニーでは、履修証明プログラムと博士後期課程早期修了制度の概要についてお話しました。当日の様子は以下のYoutubeでご覧いただけます。是非ご覧ください。

概要

開講セレモニー