一般・学内推薦入試

一般入試は、他の大学を卒業する見込みの者などを対象として、広く学生を受け入れる選抜方式です。入試は7月と2月に行われ、入学は4月です。

学内推薦入試は、本学情報科学部または本研究科修士課程に在籍する学生を対象とした選抜方式です。入試は7月に行われ、入学は4月です。

入試要項・日程等の入試情報の詳細や、本学大学院の概要等については、以下のウェブサイトをご確認ください。

大学院入試情報・入学案内はこちら

社会人特別入試

社会人特別入試は、社会人を対象とした選抜方式です。入試は7月と2月に行われ、入学は4月です。

入試要項・日程等の入試情報の詳細や、本学大学院の概要等については、以下のウェブサイトをご確認ください。

大学院入試情報・入学案内はこちら

博士後期課程早期修了の事前審査

法政大学大学院早期修了に関する規則に基づき、博士後期課程の早期修了の制度を提供しています。さらに、博士後期課程社会人特別入試の受験者を対象として、入試時に早期修了を事前審査する枠組みを2021年度入試より導入しました。

1. 概要

本事前審査によって認められた早期修了候補者は、博士後期課程入学後、最短1年で博士論文を執筆して課程を修了し、博士の学位を取得することができます。学位審査では、入学前に執筆した論文も研究業績の評価の対象となります。また、本研究科の博士後期課程で必修とされているコースワーク科目2科目4単位のうち1科目2単位または2科目4単位についても、入学前の特許等の業績に基づくレポートと発表によって修得することが可能となります。

2. 審査基準

研究業績とそれ以外の業績の二つの観点から早期修了の事前審査を行います。

2.1. 研究業績

研究業績に関しては以下を事前審査の基準とします。

  1. 本学大学院または他の大学院の修士課程入学以降、複数の学会発表および学術誌への投稿論文があること。
  2. 情報科学研究科博士後期課程学位審査内規の別紙に定める国内外の学術誌および国際学術会議議事録を対象として、下記に示す研究業績のうち、いずれか一つを満たすこと。論文についてはいずれも筆頭著者であり、国際学術会議においては発表者でなければならない。
    1. 学術誌2件以上(発行予定を含む)
    2. 学術誌1件以上および国際学術会議議事録1件以上(発行予定を含む)
    3. 国際学術会議議事録2件以上(発行予定を含む)

情報科学研究科博士後期課程学位審査内規の詳細については、別途、小金井大学院要項Iを確認してください。なお、本事前審査によって認められた早期修了候補者には、同内規第3条における、申請からさかのぼり6年以内での業績とする条件を論文作成資格審査、論文予備審査、学位審査の際に適用しません。

2.2. 研究以外の業績

研究以外の業績に関しては、情報科学分野における以下のいずれかの業績1件または2件があることを事前審査の基準とします。

  1. 特許
  2. 企業等での製品開発
  3. 企業等での技術報告
3. 申請方法

博士後期課程社会人特別入試に出願する際に、通常の出願手続書類に加えて、下記の必要書類を提出してください。博士後期課程社会人特別入試の詳細については、別途、情報科学研究科募集要項の「II. 社会人特別入試要項」を確認してください。

本事前審査の必要書類は以下の通りです。

  1. 社会人学生早期修了申請書
    • 様式(社会人学生早期)に必要事項を記載してください。「主要な研究業績」には2.1節の2に対応する論文を、「研究以外の業績」には2.2節に対応する業績を記載してください。
  2. 補足資料
    • 研究業績に関する補足資料として、2.1節の2に対応する論文のコピーを添付してください。
    • 研究以外の業績に関する補足資料として、2.2節に対応する業績の内容が十分にわかる資料を添付してください。

英語学位プログラムIIST

総合理工学インスティテュート(Institute of Integrated Science and Technology, IIST)は、英語で教育を受ける学生を対象とした英語学位プログラムで、理工学研究科と共同で実施しています。

入試の手続きは例年、3月中旬までに大学に出願に関する事前問合せをしていただき、出願・面接等を経て、5月に合格発表が行われます。入学は9月です。

IISTの詳細については、以下のウェブサイトをご確認ください。

IISTウェブサイトはこちら