研究テーマ

コンピュータ・情報科学のグローバリゼーションに向けたソフトウェア開発・エンジニアリングの応用技術

教育目標

コンピュータ基礎・情報システム・メディア科学を幅広くカバーしつつ、国際的な視点に基づき、英語を含む海外コミュニケーション力を活用してグローバルな課題を解決するための情報科学全般の教育研究を行う。

専門科目

グローバルCIS特別講義1
グローバルCIS特別講義2
グローバルCIS特別講義3
グローバルCIS特別講義4
セキュアシステム開発のためのCSP
Javaによるビジネスアプリケーションシステム開発
Rails環境のWEBシステム開発
ソフトウェア要求仕様記述と分析の技術
ソフトウェアプロセス及び品質保証
企業システム構築のためのソフトウェア基盤
Ruby言語によるオブジェクト指向WEB設計
ソフトウェア技術者の為の技術英語の書き方
論文の書き方と発表技術
日本語理解1
日本語理解2

科目の詳細はシラバスをご覧ください。

修士課程シラバスはこちら

教員紹介

内田( UCHIDA) ( Kaoru) 教授

実世界理解研究室

  • パターン認識の実世界応用