情報科学研究科概要

情報科学・技術は、これまでの科学・技術に見られないような速さで変化しています。コンピュータの処理速度や記憶容量は1年半で2倍になります。も のを移動させるために、馬、自動車、飛行機、衛星ロケットと進化してきましたが、処理速度のアップはコンピュータのそれと比べるとわずかなものです。とこ ろで、このような急激な変化は何をもたらすでしょうか。私は20年毎の革命と思っています。20年たつと処理速度や記憶容量は1万倍速くなり、多くなりま す。この変化がコンピュータの世界を人々の生活を変えるほどに大きな変化をもたらします。過去の例を見ても分かるように、1960年代には企業での事務処 理が大型コンピュータで行われるようになりました。1980年代にはパーソナルコンピュータが出現し、個人でもコンピュータが使えるようになりました。また、2000年代にはインターネットが広まり世界中の人がコンピュータを介して接続されるようになりました。

それでは、次の20年は何をもたらすでしょうか。大学院に在籍中にこれに対する解を捜し求めて欲しいと思います。激しく変化する中に置かれているとき は、その変化の先に何が来るのかを的確に予想できないと生き抜いていくことはできません。この作業は大変なことだとは思いますが、是非、それぞれの解を見 つけてください。

情報科学研究科長 佐藤 裕二 教授

情報科学研究科長

佐藤 裕二 教授

私は次のように考えています。次の20年には量から質の変化に変わるのではないかと思っています。人間に限らず動物の脳は、並列・分散で処理されていま す。インターネットは並列・分散処理を加速しますが、プロセッサの変化がもっと本質的な変化をもたらすことと思います。これまで、プロセッサは一つのタスクしかすることができませんでした。しかし、Dual Coreと呼ばれるプロセッサには二つの実行コアが含まれています。更に、Quad Coreと呼ばれるプロセッサも出現し始めましたが、これには4つの実行コアが含まれています。今後、一つのプロセッサに含まれる実行コアは増えていくことと思われます。一つのプロセッサに千あるいは万の実行コアが含まれるようになったらどうなるでしょうか。これまでの情報科学・技術での処理方法が根底か ら変わってしまいます。これに備えて、新しい情報科学・技術を築いていくことが大切であると考えています。

最後に、日本は低学歴国と揶揄されています。技術者同士で名刺を交換すると、欧米の技術者は殆どが~PhD の肩書きがついていますが、日本の技術者はそう はなっていません。肩書きがその人の能力を測る全てでないことは言うまでもないことですが、情報科学・技術の分野は国際化が最も進んでいて、多くの皆さん は、海外の技術者のとの競争の中にさらされますので、在学中も修了後も常にステップアップを考えてください。

理念・目標

情報科学研究は、学際領域として、自然科学はいうに及ばず、従来の人文社会系、生命科学系の発展、新たな学問分野の創出に深く関わるものとして期待されているが、情報科学分野の研究者・教育者不足は依然として改善されていない。また、我が国における近年の急速な社会の情報技術化は産業構造基盤を根底から変革しつつあり、実社会が直面する諸問題を実践的に解決し、新たな産業を創出し、将来の産業発展・維持するための高度技術者の不足も続いている。こうした現状を打破し、コンピュータ・メディア・ネットワークを核とするサイバーシステムを系統的な学術分野として発展させ、情報科学分野の研究基盤を確立し、研究者、教育者、高度技術者を養成することを目指す。

理念・目標

教育目標

急速に進歩する情報科学の分野では、技術の流れの中から的確に技術の本質を掴み新しい問題を発掘する能力、その問題を解決するための新しい工夫、方法論を確立する能力、問題解決のための道具としてのコンピュータ・プログラム技術などの能力向上が重要である。また、情報科学分野は世界が活躍の場になっているので、国際社会で活躍できる英語能力も必要不可欠となっている。情報科学分野の専門技術を習得し国際的に通用する研究者、高度技術者の育成に努める。

教育目標

基本方針

学生の受け入れ方針 (アドミッション・ポリシー)

学生の受け入れ方針 (アドミッション・ポリシー)

教育課程の編成・実施方針 (カリキュラム・ポリシー)

教育課程の編成・実施方針 (カリキュラム・ポリシー)

学位授与方針 (ディプロマ・ポリシー)

学位授与方針 (ディプロマ・ポリシー)

学位

  • 修士課程: 修士 (理学)
  • 博士課程: 博士 (理学)

TA と RA システム

TA (Teaching Assistant)

修士・博士課程の大学院生を対象に募集しています。一定の報酬を支給しています。

RA (Research Assistant)

博士課程の大学院生を対象に募集しています。一定の報酬を支給しています。