研究テーマ

コンピュータグラフィックス、画像処理、音声処理、パターン認識、GPU 設計

教育目標

仮想現実空間を創造する形状の幾何学モデリングと表現、リアルタイム可視化レンダリング、マルチメディアコンピューティング、3次元画像合成、コンピュータアニメーション及びディジタルサウンド・音響等におけるアルゴリズムとデータ構造等についての教育研究を行う。

専門科目

形状モデリング
メッシュ生成と形状処理
音声・言語処理特論
多次元信号画像処理
パターン認識特論
3次元映像技術特論
科学技術シミュレーション

科目の詳細はシラバスをご覧ください。

修士課程シラバスはこちら

教員紹介

学部の教員紹介ページへリンクされています。

伊藤( ITO) 克亘( Katunobu) 教授

メディア科学分野 音・言語メディア研究室

  • 音声認識
  • マルチモーダル対話システム
  • 音声インタフェース

小池( KOIKE) 崇文( Takafumi) 教授

メディア科学分野 実世界指向メディア研究室

  • 実世界指向メディア
  • 三次元映像技術
  • コンピュータグラフィックス
  • 拡張現実感

ウラジミール( Vladimir) サブチェンコ( SAVCHENKO) 教授

メディア科学分野 形状モデリング研究室

  • 形状モデリング
  • ジオメ卜リ処理
  • コンピュータアニメーション
  • 人工生命

善甫( ZEMPO) 康成( Yasunari) 教授

メディア科学分野 計算物理研究室

  • 計算材料科学、応用数理科学
  • 材料設計、物性予測
  • 大規模並列計算技術

花泉( HANAIZUMI) ( Hiroshi) 教授

メディア科学分野 多次元画像処理研究室

  • 画像処理・認識
  • リモー卜センシング
  • 画像計測

若原( WAKAHARA) ( Toru) 教授

メディア科学分野 パターン認識研究室

  • 文字・画像認識
  • パターン認識