2019年度法政大学情報科学部パンフレット

14 Faculty of Computer and Information Sciences 2019 廣津教授  大学での授業や研究、そしてキャンパスライフを通じて、将来 はどんな道に進みたいのかな。 西ヶ谷さん  大学で学んだことを活かしたいので、情報分野のエンジニア になりたいです。具体的にどんな職種に就きたいかは決めていませんが、 AI等の先進技術を扱うようなエンジニアになりたいと考えています。大学 院に進むことも考えていますが、早く働きたいという気持ちが強いので、 就活もしています。 上野さん  私も講義やプロジェクトで学んだことを活かせる仕事に就き たいです。そのために応用情報技術者試験に合格するための勉強や授業 の復習をしています。いまは大学院に進学することを目指しています。 廣津教授  技術で勝負するエンジニアは大学院卒が多いから、進学も視 野に入れて将来を考えることもいい選択だと思います。 1年生秋学期の時間割(例) 法と社会 情報科学 リテラシ 統計学1 5 時限 プログラミング 1(C/C++) 4 時限 プログラミング 1(C/C++) 離散構造2 3 時限 プロジェクト1 英語理解2 自然科学の基礎 ‒力学入門 コンピュータ システム入門2 ファイナンス 理論2 英語表現2 論理回路入門 2 時限 積分法の 基礎と応用 線形代数の 応用1 離散構造 演習2 MONDAY TUESDAY WEDNESDAY THURSDAY FRIDAY 1 時限 目指そう!未来の情報社会のエキスパート。 ここには情報を専門的に学ぶための カリキュラムが揃っています。 上野 紗佳 さん コンピュータ科学科4年 私立山脇学園高等学校出身 高校の時あまりPCに 触れる機会はなかったけれど どんどん専門性が身に付きました。 廣津教授  これから情報系の大学・学部を目指そうとしている受験生に、 何かメッセージやアドバイスはありますか。 西ヶ谷さん  授業を真面目に受けるのはもちろんですが、自主的に学んで いく姿勢も大事にしてほしいです。例えばプログラミングについてだと、 単に授業の課題に取り組むだけでなく、自分でテーマを決めて実際に使 えるアプリを作ってみる。こうした姿勢は研究でも重要だし、学んだ分だ け将来の選択肢が広がります。 上野さん  プログラミングの知識がなくても、興味があれば楽しみながら 学んでいけるのでチャレンジしてみてください。情報科学部は入学してか ら新たな発見がたくさんあり面白いので、受験勉強頑張ってください。 廣津 登志夫 教授 情報科学部長 コンピュータ科学科、情報科学研究科 進歩し続けていく 情報科学分野のなかで 自分なりの『新しい技術や概念』を 創りだそう。 将来のために 受験生へのメッセージ

RkJQdWJsaXNoZXIy NzA1